GONZNOTE ゆるゆる備忘録

19月/121

Unityの諸々テンプレを変更する

Unityから新しいスクリプトを追加するたびに
毎回毎回文字コードを変更したり、StartやUpdateを消したりするのもめんどくさいので、
テンプレートを差し替えることにした。

元となるスクリプトファイルは以下にあるので、
JavascriptでもC#でも、変えたいものを更新すればOK!

C:\Program Files\Unity\Editor\Data\Resources\ScriptTemplates

ちなみに、1階層上に上がってみると、WebPlayerTemplates というディレクトリがあったりするので、
WebPlayerにビルドするときにできるHTMLを差し替えたい!という時はここの中身を変更したり、
あるいは新しいものを追加したりすればOK。

ページのデザインがもうできてるとか、
HTMLに仕込んだjavascriptとUnityPlayerを連携させたいとか、
そういうときは先にテンプレを追加しておくと捗るよ!

さらにちなみに、Androidのapkとしてビルドするとき、ある程度の設定はPlayerSettingsからできますが、
組込んでるPluginの都合などで、Manifestファイルを書き換えなきゃいけない…というときは、

C:\Program Files\Unity\Editor\Data\PlaybackEngines\androidplayer

に、やっぱり元となるManifest.xmlがあるので、そいつを修正してください。

※ 2013.02.18 追記
Assets\Plugins\Android にManifest.xmlを置いておけば、ビルド時にそれに書き換えてくれるので、
特に直接弄らなければならない事情が(あるのか?)なければ、Plugins\Android に置いておくほうが良いですね。
もはや記事の後半は何故書いたしwwwみたいな感じですが、まあご参考までにということで。
ちょっ、やめて、石を投げないで、、心で見下しながら静かに去らないで、、、、

Filed under: Unity 1 Comment